大連概要

大連は遼東半島の南端に位置する都市です。東西はそれぞれ黄海、渤海に面しており、南側の海の向こうには山東半島を望み、北には広大な東北平原が広がっています。また、東北・華北の海の玄関と呼ばれ、港・貿易・工業・観光における重要な都市です。大連の総面積は12574平方メートル、海岸線の全長は1906キロメートル、人口590万人です。大連は海山に囲まれ、四季がはっきりしており、夏に酷暑なく、冬にも厳寒なしで、年間平均気温は摂氏10.5度です。大連の特産は、リンゴ、サンザシ、サクランボなどの果物や、エビ、アワビ、ナマコ、ホタテ、ウニ、サザエなどの水産物です。大連は国家レベルの環境保護都市及び園林都市であり、2001年には国連環境計画グーローバル500に選ばれました。また、2009年には国連環境計画(UNEP)が支持する国際公園レクリエーション管理行政連合(IFPRA)「国際ガーデン都市」にも認定されました。大連は交通の便がよく、中国北部最大の開放都市です。今の大連は、中国のきわめて開放的な色合いと魅力があふれる都市の一つであると言えます。